倉庫業登録 内容証明作成株式会社設立悪徳商法被害の対策相談
神戸市中央区の伊藤行政書士事務所
フリーダイヤル利用前の確認事項
トップページ業務案内事業計画書作成>事業計画の基礎

HOME

無料書式サンプルダウンロード

厳選リンク集

電話無料法律相談リンク集


当サイトはYahoo!Japanに正規登録されているサイトです。




事業計画書の基礎

企業が外部から資金を調達したり、他社と事業提携を結ぶ際には、一定の企業情報を適切に開示する必要があります。
すでに歴史や実績のある企業は、過去の財務数値や事業の経緯等について詳細に記載することが可能です。
しかし、スタートアップ期及びアーリーステージ期の企業については、過去の実績がほとんどないため、これまでの実績や経緯等の過去の情報に加えて、今後どのような事業展開を行っていき、どのように発展していくのかという、将来の可能性についての企業情報の開示が欠かせません。
また、創業間もない企業は、資金調達の担保となる資産を持っていないケースが多く、唯一の拠り所は将来の事業計画と経営者自身であるといえます。
したがって、将来情報としての事業計画の作成とその開示は、非常に重要な意味を持っています。

 事業計画の策定は、将来の事業構想を論理的に系統立てて実行可能な形に具体化する作業です。
その手順は、まず
「誰に対して」
「どんな商品・サービス等を提供するのか」という事業のコンセプトを明確化し、目標と優先順位を決定します。
そして行うべき業務と役割分担、責任の所在、期限を示しながら、
「どのようにその事業を実現していくのか」という具体的な行動の道筋を示していきます。

<ご注意>

事業計画の作成は事業資金や出資者を集めることを保証するものではございません。

<事業計画のご依頼について>

事業計画作成に関しては、内容をヒヤリングのうえで、作成作業に入ります。
まずは、ご相談ください。

サイト運営者書籍紹介相互リンク集自動リンク集リンクについてスタッフ募集提携募集ホームページ・マニュアル
実務実地研修講座コンテンツ免責事項プライバシーヘルプ取り組み社会的使命

CopyRight(C)2005 伊藤行政書士事務所 All Right Reserved

アクセス解析 &SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業 /運営