測量業・建設コンサルタント登録補償コンサルタント登録、派遣・ 有料職業紹介業許可・介護事業所・トランクルーム・倉庫業登録・ 測量士登録売掛金回収 内容証明作成家賃滞納被害・NPO法人設立・遺言相続
神戸市中央区の伊藤行政書士事務所
サイトマップ
トップページリンク集>無料相談リンク集

HOME

無料書式サンプルダウンロード

厳選リンク集

電話無料法律相談リンク集


当サイトはYahoo!Japanに正規登録されているサイトです。




無料相談リンク集

弁護士無料相談窓口
全国の弁護士会 弁護士会:一般相談:03-3581-3839
5 分以内の無料法律相談
時間が短いですから、本などで自分で下調べをし、ノートに整理し、それを見ながら、わからない点などに絞って、質問すると有効に活用できます。
内容が複雑な場合は、どこに相談に行ったらよいかを尋ねるとよいでしょう。
弁護士会:クレジット・サラ金:03-3237-6663 / 03-3257-6663
5 分以内の無料法律相談ができます。
相談だけで終わらない場合は、 四谷、神田のクレジット、サラ金相談センター (有料)の予約ができます。電話で相談してから、予約をするとよいでしょう。
  • (財)日弁連交通事故センター:交通事故(刑事、行政処分を除く)の電話相談所が全国に 129 あります。10 分以内の無料法律相談ができます。わからない点などに絞って、質問すると有効に活用できます。
    東京の相談所は、下記の通りです。
    03-3581-1892(平日10:00〜15:30)
    03-3581-1892(平日13:00〜15:30)
    03-3581-1770(平日13:00〜15:30)
    他の地域の場合は、(財)日弁連交通事故センター を参照
  • 第二東京弁護士会:セクハラ / 10:00〜12:00(月〜金・除く祝日):03-3581-2259
  • 第二東京弁護士会:子ども悩み事相談:火、木、金 / 15:00〜17:00 / 03-3581-1885
    いじめ・体罰・校則・登校拒否・非行などの問題
  • 東京弁護士会:子ども人権110番 / 月〜金:03-3503-0110
  • 第二東京弁護士会:犯罪被害者相談:火、金 / 10:00〜15:00 / 03-3581-3635
  • 第二東京弁護士会:高齢者財産管理相談:木:13:00-15:00 / 03-3580-6688 / 15分程度
    高齢者・障害者の財産管理に関すること/成年後見制度に関すること/その他、高齢者・障害者のための法律相談一般
  • 第二東京弁護士会:公害110番:第2、第4水:10:00-12:00 / 03-3581-5379
    公害・環境にかんする法律相談一般
【面接相談】
  • (財)日弁連交通事故センター全国相談所 :交通事故 / 平日9:30〜12:00 13:00〜15:00 / 03-3581-1782
  • 第二東京弁護士会:子供悩みごと:火、木、金 / 15:00〜17:00:予約 / 03-3581-2257
  • 東京弁護士会:子供悩みごと:月・水 / 13:30〜16:30 / 予約 03-3581-2205
  • 東京弁護士会:犯罪被害者相談:月から金 / 13:00〜16:00 / 予約 03-3581-3635  初回だけ無料
  • 区役所法律相談市役所法律相談 など自治体での法律相談
    弁護士には、(安いですが)日当が支給されているので、税金の負担で実施されていることになります。なぜ、無料なのか、疑問がありますが、だいたい、無料です。
    時間は、だいたい、30分です。関係する契約書(写しでよい)などを持参し、問題点をノートに整理し、質問すると有効に活用できます。
  • 法律扶助協会
    所得のない方、所得が一定水準以下の方は無料です。勝訴の見込みがあると、弁護士費用を一時立て替える制度もあります。
  • 商工会議所 商工会議所都内の支部
    無料です。
  • 商工会
    無料です。
【刑事:接見】 当番弁護士センター :03-3580-0082(東京の弁護士会の場合)
逮捕、勾留された場合、1回だけ、弁護士による接見が無料です。警察署あるいは拘置所で、法律相談ができるのです。これは、起訴される前に弁護人を付ける制度です。地方の弁護士会にもあります。
当番弁護士には、弁護士会から、1回1万円の日当が支給されます。それは、各弁護士が弁護士会に支払う会費(第二東京弁護士会の場合は、月額3万9700円)でまかなわれています。最終的には、正規に弁護士費用を支払っている各依頼人が費用を負担していることになります。
(起訴された後は)国選弁護の制度があるのですから、限りある資金を犯罪者(当番弁護士は、実際に犯罪を犯した人も依頼できます)のために使用する必要はない、それなら貧しい人の民事事件(法律扶助)のために使用すべきとの批判はあります。

上に戻る


サイト運営者書籍紹介相互リンク集自動リンク集リンクについてスタッフ募集提携募集ホームページ・マニュアル
実務実地研修講座コンテンツ免責事項プライバシーヘルプ取り組み社会的使命

CopyRight(C)2005 伊藤行政書士事務所 All Right Reserved