測量業・建設コンサルタント登録補償コンサルタント登録、派遣・ 有料職業紹介業許可・介護事業所・トランクルーム・倉庫業登録・ 測量士登録売掛金回収 内容証明作成家賃滞納被害・NPO法人設立・遺言相続
神戸市中央区の伊藤行政書士事務所
サイトマップ
トップページ業務案内>損害賠償請求書作成

HOME

無料書式サンプルダウンロード

厳選リンク集

電話無料法律相談リンク集


当サイトはYahoo!Japanに正規登録されているサイトです。


損害賠償請求書の作成

損害賠償の請求内容

損害賠償と一口に言っても交通事故、子供の事故、婚約破棄、スポーツ事故など損害の原因は様々です。
損害賠償を行なううえで、重要なことはあなたの損害賠償の請求内容をよく把握することです。
示談後に、再度賠償を請求することは非常に困難ですので賠償を請求する際には請求漏れがないように十分に気をつけてください。

通常の傷害事故の場合の請求内容
  1. 医療関係費・・・治療費、入院費等の合計額
  2. 付添看護費・・・入院の場合(1日4,000円〜6,000円)通院の場合(1日3,000円〜4,000円)職業付添人の場合は、実費請求
  3. 入院雑費・・・1日1,200円〜1,400円
  4. 通院雑費・・・1日200円〜250円
  5. 休業損害・・・休業した期間の給与、賞与相当分など
  6. 入通院慰謝料・・・日弁連基準表を使用して算出
  7. 通院交通費・・・実費請求
  8. 医師や看護婦に対する謝礼・・・実費請求
初回の請求ではこれらの請求金額を合計した最高金額を相手方に提示します。

はじめから想像していた以上の金額を相手方が支払ってくれるならば、問題はありません。
しかし、多くの場合、支払いの段階になると、誠意があると思っていた加害者の態度が急変し、支払いを渋るということは非常によくあることです。
下記に段階に応じた賠償金の請求手続きの手順・方法を記載しておりますので、参考にしてください。

損害賠償金請求手続きの流れ
第1段階 妥当な慰謝料を計算し、損害賠償請求書を配達記録付き郵便で加害者に送付する。
加害者からの支払いがない。
(支払いがあれば示談書を交わし示談成立。)
第2段階 損害賠償を請求する旨の内容証明郵便を送付
加害者からの支払いがない。
(支払いがあれば示談書を交わし示談成立。)
第3段階 支払督促または調停
加害者からの支払いがない。
(支払いがあれば示談書を交わし示談成立。)
第4段階 少額訴訟または通常訴訟(支払いがあれば示談書を交わす。)
示談成立
サイト運営者相互リンク集自動リンク集リンクについてホームページ・マニュアル
コンテンツ免責事項プライバシーヘルプ取り組み社会的使命

CopyRight(C) 市民生活情報相談室 All Right Reserved

アクセス解析 &SEM/SEO講座 for オンラインショップ開業 /運営